エコー(ecco)紳士革靴のオールソール交換修理/ビブラム(Vibram)2810ガムライトソール

エコー(ecco)紳士革靴のオールソール交換修理前と修理後/ビブラム(Vibram)2810ガムライトソール

エコー(ecco)の紳士靴(革靴・ビジネスシューズ)のオールソール交換修理をいたしました。ご依頼ありがとうございます。
元のソールは、 ecco純正のウレタン系軽量ラバーソールで、所々経年劣化(加水分解)を起こしボロボロと破損している状態でした。
元に近いソールとして、今回はVibram(ビブラム)2810 ガムライト(ダークブラウン)で修理いたしました。
ビブラム2810は、スポンジ(発泡ゴム)系素材で大変軽く、クッション性・屈曲性に優れております。元の素材(ウレタン系)と比べ減りやすい素材となりますが、元の履き心地をできる限り維持することができます。

ecco(エコー)の靴の場合、製法上バラしてみないと修理が可能か否かわからない場合が多いです。今回修理を進めてみますと、元の製法はインジェクション式またはセメント(圧着)式のような製法で、アッパー(甲革)の形状に合わせたソール形状になっていたため、ソールを剥がし平らなソールを取り付けると、アッパー(甲革)に元のソールの剥がし跡が大きく残ってしまう状態でした。そのため、剥がし跡を隠すため、できるだけ違和感のない革風ラバーをアッパーの剥がし跡の上に当て補強したうえで修理いたしました。
ミッドソール(スポンジラバー)をマッケイ縫いし、アウトソールを貼り合わせました。
修理方法の特性上、元よりやや厚みのあるソールとなりました。

★革靴(ビジネスシューズ・紳士靴)のソール交換(靴底張替え)修理は当店にお任せください★
>>靴修理ご案内ページ