Y’s(ワイズ)厚底ブーツのオールソール交換(靴底張替え)修理/ビブラム1136

Y’s(ワイズ)厚底ブーツのオールソール交換(靴底張替え)修理前と修理後/ビブラム1136

Y’s(ワイズ)の厚底レースアップブーツを、オールソール交換修理いたしました。ご依頼ありがとうございます。
元のソールは、厚みのある天然クレープソール(生ゴム)でしたが、お客様よりご指定で、通常の厚みでビブラム1136(黒)にて修理させていただきました。
ミッドソールをマッケイ式にて縫い付け、アウトソール(ビブラム1136)を貼り合わせました。

★革靴(ビジネスシューズ・紳士靴)やブーツのオールソール交換(靴底張替え)修理は当店にお任せください★
>>靴修理ご案内ページ

エコー(ecco)紳士革靴のオールソール交換修理/ビブラム(Vibram)2810ガムライトソール

エコー(ecco)紳士革靴のオールソール交換修理前と修理後/ビブラム(Vibram)2810ガムライトソール

エコー(ecco)の紳士靴(革靴・ビジネスシューズ)のオールソール交換修理をいたしました。ご依頼ありがとうございます。
元のソールは、 ecco純正のウレタン系軽量ラバーソールで、所々経年劣化(加水分解)を起こしボロボロと破損している状態でした。
元に近いソールとして、今回はVibram(ビブラム)2810 ガムライト(ダークブラウン)で修理いたしました。
ビブラム2810は、スポンジ(発泡ゴム)系素材で大変軽く、クッション性・屈曲性に優れております。元の素材(ウレタン系)と比べ減りやすい素材となりますが、元の履き心地をできる限り維持することができます。

ecco(エコー)の靴の場合、製法上バラしてみないと修理が可能か否かわからない場合が多いです。今回修理を進めてみますと、元の製法はインジェクション式またはセメント(圧着)式のような製法で、アッパー(甲革)の形状に合わせたソール形状になっていたため、ソールを剥がし平らなソールを取り付けると、アッパー(甲革)に元のソールの剥がし跡が大きく残ってしまう状態でした。そのため、剥がし跡を隠すため、できるだけ違和感のない革風ラバーをアッパーの剥がし跡の上に当て補強したうえで修理いたしました。
ミッドソール(スポンジラバー)をマッケイ縫いし、アウトソールを貼り合わせました。
修理方法の特性上、元よりやや厚みのあるソールとなりました。

★革靴(ビジネスシューズ・紳士靴)のソール交換(靴底張替え)修理は当店にお任せください★
>>靴修理ご案内ページ

REGAL STANDARDS(リーガル スタンダーズ)ストレートチップ 紳士革靴 オールソール交換(靴底張替え)修理/ビブラム430(厚底仕様)

REGAL STANDARDS(リーガル スタンダーズ)ストレートチップ 紳士革靴 オールソール交換(靴底張替え)修理前と修理後/ビブラム430(厚底仕様)

REGAL STANDARDS(リーガル スタンダーズ)の紳士靴(ストレートチップ)を、オールソール交換修理いたしました。ご依頼ありがとうございます。
元のソールはリーガル純正ラバーソールでしたが、お客様よりご指定で、ビブラム430(黒)にて修理させていただきました。できるだけ元の雰囲気にということでしたので、ミッドソール(軽量ラバー)で厚みを調整し、元のソール厚に合わせました。ヒールは革を積み上げて黒(ブラック)で仕上げました。
元の製法はグッドイヤーウェルト製法でしたので、同製法で修理いたしました。

★革靴(ビジネスシューズ・紳士靴)のソール交換(靴底張替え)修理は当店にお任せください★
>>靴修理ご案内ページ

Cole Haan(コールハーン)ルナグランド 紳士革靴 オールソール交換(靴底張替え)修理/ダイナイトソール

Cole Haan(コールハーン)ルナグランド 紳士革靴 オールソール交換(靴底張替え)修理前と修理後/ダイナイトソール

Cole Haan(コールハーン)ルナグランド 紳士靴(ウィングチップ)を、オールソール交換修理いたしました。ご依頼ありがとうございます。
元のソールはコールハーン純正の軽量ラバーソールでしたが、お客様よりご指定で、 英国製のダイナイトソールへ修理させていただきました。元のソール厚を考慮し、ミッドソール(軽量ラバー)でやや厚みをだしました。
元の製法はセメント(接着)式でしたが、縫い底のマッケイ式製法にて修理いたしました。

★革靴(ビジネスシューズ・紳士靴)のソール交換(靴底張替え)修理は当店にお任せください★
>>靴修理ご案内ページ

【靴修理】フットジョイ(FootJoy)ゴルフシューズのオールソール交換修理/レザーソール(革底)+ソフトスパイク(グッドイヤーウェルト製法)

フットジョイ(FootJoy)ゴルフシューズのオールソール交換修理前と修理後/レザーソール(革底)+ソフトスパイク(グッドイヤーウェルト製法)
レザーソール(革底)+ソフトスパイクでのソール交換修理後

フットジョイ(FootJoy)のゴルフシューズのオールソール交換修理をいたしました。ご依頼ありがとうございます。
元のソールはラバーの貼ってあるレザーソールでしたので、レザーソール(革底)へ交換いたしました。レザーソールには、ゴルフシューズ専用のオイル仕上げのベンズを使用。通常の革底と比べ、耐水性と柔軟性に優れております。
取り付けたソフトスパイク(鋲)は取り外し可能ですので、一般に市販されているミリのスパイク(鋲)が取付可能です。
元の製法はグッドイヤーウェルト式製法でしたので、同製法にて修理いたしました。

★ ゴルフシューズなどの紳士靴(ビジネスシューズ・革靴)のソール交換(靴底張替え)修理は当店にお任せください★
>>靴修理ご案内ページ

【靴修理】フットジョイ(FootJoy)クラシックツアー(Classic Tour) ゴルフシューズのオールソール交換修理/レザーソール(革底)+ソフトスパイク(グッドイヤーウェルト製法)

フットジョイ(FootJoy)クラシックツアー(Classic Tour) ゴルフシューズのオールソール交換修理前と修理後/レザーソール(革底)+ソフトスパイク(グッドイヤーウェルト製法)
レザーソール(革底)+ソフトスパイクでのソール交換後

フットジョイ(FootJoy)クラシックツアー(Classic Tour)のゴルフシューズのオールソール交換修理をいたしました。ご依頼ありがとうございます。
元のソールはラバーソールでしたが、お客様のご指定でレザーソール(革底)仕様へ交換いたしました。レザーソールには、ゴルフシューズ専用のオイル仕上げのベンズを使用。通常の革底と比べ、耐水性と柔軟性に優れております。
取り付けたソフトスパイク(鋲)は取り外し可能ですので、一般に市販されているミリのスパイク(鋲)が取付可能です。
元の製法はグッドイヤーウェルト式製法でしたので、同製法にて修理いたしました。
ヒール横に付けられていた「FootJoy」金属ロゴプレートは一旦取り外し、ソール交換後、新しいヒールに再設置いたしました。

★ ゴルフシューズなどの紳士靴(ビジネスシューズ・革靴)のソール交換(靴底張替え)修理は当店にお任せください★
>>靴修理ご案内ページ

【靴修理】フットジョイ(FootJoy)ゴルフシューズのオールソール交換修理/ラバーソール+ソフトスパイク(グッドイヤーウェルト製法)

フットジョイ(FootJoy)ゴルフシューズのオールソール交換(ラバーソール+ソフトスパイク)修理前と修理後

フットジョイ(FootJoy)のゴルフシューズのオールソール交換修理をいたしました。ご依頼ありがとうございます。
元のソールはラバーの貼ってあるレザーソール(革底)でしたが、ラバーソール(全天候型)のゴルフソールへ交換いたしました。
取り付けたソフトスパイク(鋲)は取り外し可能ですので、一般に市販されているミリのスパイク(鋲)が取付可能です。
元の製法はグッドイヤーウェルト式製法でしたので、同製法にて修理いたしました。
ヒール横に付けられていた「FootJoy」金属ロゴプレートは一旦取り外し、ソール交換後、新しいヒールに再設置いたしました。

★ ゴルフシューズなどの紳士靴(ビジネスシューズ・革靴)のソール交換(靴底張替え)修理は当店にお任せください★
>>靴修理ご案内ページ

【靴修理】リーガル(REGAL)紳士靴(革靴・ビジネスシューズ)のオールソール交換修理(グッドイヤーウェルト製法)/ラバーソール

リーガル(REGAL)スワールモカ(流れモカ)紳士靴(革靴・ビジネスシューズ)のオールソール交換修理前と修理後/グッドイヤーウェルト製法、ラバーソール
リーガル(REGAL)紳士靴(革靴・ビジネスシューズ)ラバーソール交換修理後
リーガル(REGAL)紳士靴(革靴・ビジネスシューズ)ラバーソール交換修理後のヒール(革積み上げ)

リーガル(REGAL)スワールモカ(流れモカ)ドレスシューズ(ビジネスシューズ・革靴・紳士靴)のオールソール交換修理をご依頼頂きました。ありがとうございます。
元のソールは、リーガル純正ラバーソールでしたので、元に近いフラットタイプのラバーソール(黒)で修理いたしました。
ヒールは革を積んで黒く染めてドレッシーに仕上げ、トップリフトはビブラム(Vibram)ラバーリフトを使用しました。
元の製法は、グッドイヤーウェルト式でしたので、同製法にて修理いたしました。

★ 革靴(ビジネスシューズ・紳士靴)のソール交換(靴底張替え)修理は当店にお任せください★
>>靴修理ご案内ページ

【靴修理】リーガル(REGAL /124R)Uチップ紳士靴(革靴・ビジネスシューズ)のオールソール交換修理(マッケイ製法)/ビブラム(Vibram)2055イートンソール

リーガル(REGAL /124R)Uチップ紳士靴(革靴・ビジネスシューズ)のオールソール交換修理(マッケイ製法)修理前と修理後/ビブラム(Vibram)2055イートンソール

リーガル(REGAL/124R)Uチップドレスシューズ(ビジネスシューズ・革靴・紳士靴)のオールソール交換修理をご依頼頂きました。ありがとうございます。
元のソールは、リーガル純正ラバーソールでしたが、お客様のご指定でビブラム2055(黒)で修理いたしました。ビブラム2055は耐水性、また耐摩耗性・グリップ性に大変優れ、デザイン的にもドレスシューズとの相性も良いラバーソールです。
元の製法は、マッケイ式でしたので、同製法にて修理いたしました。
中底(革製)がやや傷んでおり、一部割れが生じておりましたので、上から革を当て補強したうえで、マッケイ縫い(アンズ縫い)をかけました。
ヒールは革を積んで黒く染め上げ、ドレッシーに仕上げました。

★ 革靴(ビジネスシューズ・紳士靴)のソール交換(靴底張替え)修理は当店にお任せください★
>>靴修理ご案内ページ

【靴修理】グッドイヤーウェルト製法の紳士靴(革靴・ビジネスシューズ)のオールソール交換修理/レザーソールからビブラム(Vibram)2055イートンソール

グッドイヤーウェルト製法の紳士靴(革靴・ビジネスシューズ)のオールソール交換修理前と修理後/レザーソールからビブラム(Vibram)2055イートンソール

インド製のグッドイヤーウェルト製法のドレスシューズ(ウィングチップ)のオールソール交換修理をご依頼頂きました。ありがとうございます。
元のソールは、レザーソールでしたが、お客様のご指定でビブラム2055(黒)で修理いたしました。ビブラム2055は耐水性、また耐摩耗性・グリップ性に大変優れ、デザイン的にもドレスシューズとの相性も良いラバーソールです。
製法は、元と同じグッドイヤーウェルト製法にて修理いたしました。
ヒールは革を積んで黒く染め上げ、ドレッシーに仕上げました。
写真のように、元の中底(革製)はやや傷んでおり、一部割れが生じておりました。製法上中底の交換はできないため、上から革を当てて補強したうえで修理しました。

★ 革靴(ビジネスシューズ・紳士靴)のソール交換(靴底張替え)修理は当店にお任せください★
>>靴修理ご案内ページ
※修理のご相談などもお気軽にお問い合わせください。