紳士靴のソール交換(靴底張り替え)修理(4足)

ソール交換した紳士靴4足。レザーソール、ビブラムソール、生ゴム天然クレープソール


オールソール交換(靴底張替え)修理4足完了しました。順次発送させていただきます。ご依頼ありがとうございました。 左上から、黒ウィングチップはマッケイ製法でレザーソール+革積み上げヒール+ビブラムトップリフト+ビブラムハーフラバー、Bostonianバーガンディーストレートチップはグッドイヤーウェルト製法でレザーソール+革積み上げヒール+ビブラムトップリフト+ビブラムハーフラバー。手前左、eccoプレーントゥはモールド(圧着)製法をマッケイ製法でビブラム8539(ワイドライン)、クラークスはマッケイ製法で天然クレープソール(生ゴム)にて修理させていただきました。

「靴のパラダイス」ではオールソール交換を全国宅配便で受け付けております。
靴修理のご案内ページ

ソール交換(靴底張り替え)修理(6足)

ソール交換した紳士靴6足。レザーソール、ビブラムソールなど


オールソール交換(靴底張替え)修理6足完了しました。順次発送させていただきます。ご依頼ありがとうございました。 左上から、茶色ストレートチップはグッドイヤーウェルト製法でビブラム2055(ダークブラウン)で修理、黒レースアップブーツはマッケイ製法でレザーソール(イタリーベンズ)+革積みヒール(Vibramラバーリフト)+Vibramハーフラバー、茶色ウィングチップ(リーガル/REGAL)はグッドイヤーウェルト製法でリーガルタイプラバーソール(ダークブラウン)、茶色セミブローグシューズはグッドイヤーウェルト製法でダイナイトソール(ダークブラウン)、Bassのスエードローファーはマッケイ製法でビブラム2021(ベージュ)、黒ウィングチップはグッドイヤーウェルト製法でレザーソール(イタリーベンズ)+革積みヒールにて修理いたしました。

「靴のパラダイス」ではオールソール交換を全国宅配便で受け付けております。
靴修理のご案内ページ

【靴修理】チーニー(CHEANEY)紳士靴のオールソール交換修理+ビンテージスチール(ヴィンテージスティール)

チーニー(CHEANEY)靴のソール交換修理前と修理後
チーニー(CHEANEY)ロゴ



チーニー(CHEANEY)の紳士ドレスシューズ(内羽根セミブローグストレートチップ)を、オールソール交換修理いたしました。ご依頼ありがとうございます。ソールは革底(レザーソール)+革積み上げヒール/半革リフト、つま先にはビンテージスチール(ヴィンテージスティール)を取り付けました。減りやすいつま先を保護し、摩耗を防ぐことができます。製法はグッドイヤーウェルト式製法

ソールつま先ビンテージスチール(ヴィンテージスティール)


ビンテージスチールを平らに取り付けるために、ステールの厚み分ソールを削る必要があります。ソールを縫う前にあらかじめスチールの取り付け位置を定め厚みの分だけ段差を設けたうえで縫いをかけます。こうすることで、縫い糸を傷つけず取り付けることができます。取り付け後は専用ネジでしっかり固定します。

■ソール交換修理を全国宅配便でお受け致します。紳士靴、革靴、ビジネスシューズのソール交換修理はぜひ当店にお任せください!
修理のご依頼はコチラ(修理受付けページ)

【靴修理】ジョンストン&マーフィー(Johnston & Murphy)ゴルフシューズのオールソール交換修理

ジョンストン&マーフィー(Johnston & Murphy)「ARISTOCRAFT(アリストクラフト)」のゴルフシューズ、オールソール交換修理前と修理後 ARISTOCRAFT(アリストクラフト)ロゴ

ジョンストン&マーフィー(Johnston & Murphy)「ARISTOCRAFT(アリストクラフト)」のゴルフシューズを、オールソール交換(革底+ソフトスパイク)修理いたしました。ご依頼ありがとうございます。製法はグッドイヤーウェルト式製法
元のソール(レザーソール)には金属スパイクが装着されておりましたが、市販のソフトスパイクとのネジ山が合わず装着することができないため、ソール張替えになりました。ソール交換後はミリのネジになりますので、市販されているどんなスパイクでも交換可能となります。ゴルフシューズ専門熟練の靴職人により丁寧に修理いたしました。

■ソール交換修理を全国宅配便でお受け致します。紳士靴、革靴、ビジネスシューズからゴルフシューズまでソール交換修理はぜひ当店にお任せください!
修理のご依頼はコチラ(修理受付けページ)

【靴修理】PARASHOE紳士靴(革靴・ビジネスシューズ・ドレスシューズ)のオールソール交換修理(レザーソール/革底)

PARASHOE(パラシュー)ストレートチップのソール交換修理前と修理後

当店オリジナルブランド「PARASHOE(パラシュー)」のストレートチップをオールソール交換修理させていただきました。ありがとうございます。PARASHOEの靴は、国内屈指のファクトリーにて熟練の職人技術によって製造されています。製法はグッドイヤーウェルト式製法。オリジナルと同製法、同仕様(レザーソールの半カラス仕上げ)にて修理いたしました。今後も末永くお履きいただけるよう、靴職人により丁寧に修理させていただきました。

■ソール交換修理を全国宅配便でお受け致します。紳士靴、革靴、ビジネスシューズのソール交換修理はぜひ当店にお任せください!
修理のご依頼はコチラ(修理受付けページ)

【靴修理】フットジョイ(FootJoy)ゴルフシューズのオールソール交換修理

フットジョイ(FootJoy)ゴルフシューズのオールソール交換修理前と修理後

フットジョイ(FootJoy)のゴルフシューズのオールソール交換修理をいたしました。ご依頼ありがとうございます。元のソールはレザーソール(革底)仕様でしたのが、お客様のご指定でラバーソール(全天候型)のゴルフソールへ交換いたしました。製法はグッドイヤーウェルト式製法。取り付けたソフトスパイク(鋲)「TRED MT LITE」(ミリネジ)は取り外し可能ですので、一般に市販されているミリのスパイク(鋲)が取付可能です。

■ソール交換修理を全国宅配便でお受け致します。紳士靴、革靴、ビジネスシューズからゴルフシューズまでソール交換修理はぜひ当店にお任せください!
修理のご依頼はコチラ(修理受付けページ)

【靴修理】ジョンロブ(John Lobb)紳士靴からゴルフシューズへソール交換(変更)カスタム修理

ジョンロブ(John Lobb)紳士靴からゴルフシューズへソール交換修理前と修理後
ジョンロブ(John Lobb)敷革のロゴマーク

ジョンロブ(John Lobb)の紳士靴「ダービー(darby)」を、ゴルフシューズ仕様にオールソール交換いたしました。ご依頼ありがとうございます。元のソールはレザーソール(革底)でしたのが、お客様のご指定でラバーソールのゴルフソールへ交換いたしました。製法はグッドイヤーウェルト式製法。スパイク(鋲)は取り外し可能ですので、他で市販されているスパイクも取付可能です。

■ソール交換修理を全国宅配便でお受け致します。紳士靴、革靴、ビジネスシューズからゴルフシューズまでソール交換修理はぜひ当店にお任せください!
修理のご依頼はコチラ(修理受付けページ)

【靴修理】ecco(エコー)のビジネス紳士靴のソール交換修理(靴底張替えリペア)ビブラム(Vibram)ガムライトソール

ecco(エコー)ストレートチップをビブラムガムライトソールへソール交換修理前と修理後

ecco(エコー)の紳士靴(ストレートチップ)をオールソール交換修理でお預かりしました。ご依頼ありがとうございます。
元のソールは、ウレタン系ラバーソールでしたが、加水分解による経年劣化でボロボロと破損していました。ウレタン系のソールは軽量かつクッション性・耐摩耗性に優れているのが特徴ですが、年月により劣化します。お客様より「劣化しないソールで、履き心地はできるだけそのままで」とのご要望でしたので、ビブラム ガムライト(Vibram Gumlite)という、発泡ゴム(スポンジ)系ラバーソールをご提案させていただき交換いたしました。元のウレタン系ソールよりやや耐摩耗性は劣ります(減りやすくなります)が、非常に軽量かつ柔らかくクッション性に優れたソールで、履き心地は出来る限り損なわずに、ウレタンのように劣化する心配もありません。
製法は元はセメント式でしたが、ラバーミッドソールをマッケイ縫いにてしっかり縫い付け、アウトソールを貼り合わせました。

■ソール交換修理を全国宅配便でお受け致します。紳士靴、革靴のソール交換修理はぜひ当店にお任せください!
修理のご依頼はコチラ(修理受付けページ)

【靴修理】ドクターマーチン(Dr.Martens)ウィングチップ ビブラムソール(4014)厚底仕様へソール交換カスタム修理

ドクターマーチン(Dr.Martens)のスウェードウィングチップをビブラムソール4014厚底へソール交換修理前と修理後
ドクターマーチン(Dr.Martens)のスウェードウィングチップのビブラムソール4014厚底へソール交換修理後

ドクターマーチン(Dr.Martens)の紳士靴(スウェード ウィングチップ 白)をオールソール交換修理でお預かりしました。ご依頼ありがとうございます。
元のソールは、ドクターマーチンオリジナルラバーソールでしたが、お客様のご要望で、ビブラム4014(白)の厚底仕様へカスタム修理いたしました。製法はグッドイヤーウェルト製法。厚めの白いラバーミッドソールを出し縫いをかけ、アウトソール(ビブラム4014)を貼り合わせました。元のソールは軽量ラバーでしたので、できるだけ重くならないよう、厚めミッドソールはEVA素材の軽量のものを使用しました。軽いだけでなくクッション性も向上します。

■ソール交換修理を全国宅配便でお受け致します。紳士靴、革靴のソール交換修理はぜひ当店にお任せください!
修理のご依頼はコチラ(修理受付けページ)

【靴修理】通常の紳士靴からゴルフシューズ仕様へソール交換(変更)カスタム修理

紳士靴からゴルフシューズへソール交換修理前と修理後

通常の紳士靴を、ゴルフシューズ仕様にオールソール交換いたしました。ご依頼ありがとうございます。元のソールはレザーソール(革底)にグッドイヤーウェルト製法でしたので、同じくレザーソールに革を積み上げたヒール、同製法グッドイヤー式にて修理いたしました。スパイク(鋲)は取り外し可能ですので、市販されているスパイク(鋲)のほとんどは取付可能です。今回はお客様がお持ちになったスパイクを取り付けさせていただきました。

【修理記録】
修理状態としましては、元のウェルトが一部破損していたため、補強及び防水処理を含め薄いラバーをソール全体に張りウェルトを補修したうえでマッケイ縫いし、スパイク台(金属プレート)を内蔵しレザーソールを出し縫いをかけ貼り合わせました。あらゆるゴルフシーンに耐えうる、頑丈な構造に仕上がっています。また本底の交換素材には、ゴルフに適した耐久性のあるオイルドレザーソールを使用しました。(通常の紳士靴用のレザーソールと比べ、油分を多く含むため耐水性や柔軟性に優れています。)紳士靴・ゴルフシューズ製作一筋40年の熟練した靴職人が修理いたします。

■ソール交換修理を全国宅配便でお受け致します。紳士靴、革靴、ビジネスシューズからゴルフシューズまでソール交換修理はぜひ当店にお任せください!
修理のご依頼はコチラ(修理受付けページ)