靴の臭いを取り除く方法(脱臭・乾燥・殺菌)【靴磨き・シューケア・レザーメンテナンス】

靴の臭いを取り除く方法(脱臭・乾燥・殺菌)

靴内を脱臭・乾燥・殺菌する簡単な方法を説明します。

靴の手入れ(シューケア)用品の準備

汗などによる革靴のイヤな臭いを取り除きます。用意するお手入れ用品は次の通りです。

1、革靴用 消臭・殺菌スプレー
2、革靴用 乾燥・脱臭剤「シュードライ」
3、木製シュートリー

以上3点を用意します。

お手入れ方法(手順)

、靴の中に消臭・殺菌スプレーを吹きかける

脱いだ革靴に消臭・殺菌スプレーする
靴を脱いだらすぐに、消臭・殺菌スプレー(革靴用)を靴の中にスプレーします。臭いの元となるバクテリア等の雑菌を殺菌すると同時に、汗などによる革靴の臭いを取り除きます。

、乾燥・脱臭剤「シュードライ」を入れる

革靴に乾燥・脱臭剤「シュードライ」を入れる
スプレーした後に、乾燥・脱臭剤「シュードライ」を入れます。

、時間をおいて乾燥させる

乾燥・脱臭剤「シュードライ」を入れたまま乾燥させる
1日~2日間シュードライを入れたままにしておきます。靴の中の臭いと湿気を吸収します。また、シュードライには抗菌効果もありますので、臭いの元となる雑菌をよせつけません。

、木製シューツリーをセットして完了

革靴に木製シューツリーをセットする
シュードライを入れたまま1日~2日放置した後は、シュードライを外して木製シュートリーをはめ込みます。天然木製のシュートリーは、靴の型くずれを防ぐ効果が優れているだけでなく、湿気や臭いを吸収し、靴内を清潔に保ちます。次にお履きになるまでシューツリーは入れたままにしておきます。


※ご注意
皮革の種類や仕上げ等によってお手入れ方法も異なりますので、目立たないところで一度お試しになってから行ってください。あくまで自己責任でお願いいたします。

(文・写真/靴のパラダイス