足のサイズ(足長)を計測する~正確な革靴のサイズを知ろう~

ビジネスシューズやローファーといった紳士靴や革靴は、足入れサイズといわれる、踵からつま先まで全長(左図A)の寸法(足長/そくちょう)を表記しています。
自分の足長を知ることで、国内の一般的な革靴でのご自分のサイズを知ることができます。足長を測る専門器具や機器などもありますが、誰でも簡単に、そしてできるだけ正確に足長を測る方法を以下にご紹介させていただきます。

また、当店でご購入を検討いただいている商品がございましたら、Aの寸法と商品名(または商品番号か商品ページのURL )を下段のメールフォームやお電話等でご連絡いただけましたら、予想サイズをご連絡させていただきます。
※親指より人差し指の方が長い足の場合は、【かかと~親指先端】、【かかと~人差し指先端】の両方の寸法をご連絡ください。 ※足の寸法だけでは不正確な場合が多いので、 普段お履きの靴のタイプとサイズを合わせてご連絡頂けると助かります。 (例:ナイキのスニーカーで26.0cm、リーガルで25.0cmなど)

足の長さ(足長/そくちょう)の測り方

1、自分の足が収まる大きさの紙。
2、下敷きのようなまっすぐで平らなもの。
3、定規
4、ボールペンかシャーペン

【1】 計測に準備するものは下記の通りです。
1、自分の足が収まる大きさの紙。
2、下敷きのようなまっすぐで平らなもの。
3、定規
4、ボールペンかシャーペン
以上4点を用意します。

紙の上に足を乗せます。

【2】 紙の上に足を乗せます。

かかとに下敷きをあて線を書く

【3】 かかとに下敷きをあてます。かかとの一番突起して出ている部分を計るため、紙と下敷きが垂直になるようにします。下敷きに沿ってペンで線を引きます。

親指の先端に下敷きをあて線を引く

【4】 次に親指の先端に下敷きをあてます。紙と下敷きが垂直になるようにし、下敷きに沿ってペンで線を引きます。かかとで引いた線と平行に線を引きます。

【5】 引いた2本の線の直角での距離(上図A)を定規で測った値が、ご自身の足長となります。

※購入をご検討されている当店の靴がございましたら、 この値と商品名または商品番号をご連絡ください。

ご連絡は、下記入力フォームまたはお電話でも結構です。
お電話:03-6281-0085 パラシューネット

「靴のサイズについて」入力フォーム

※いただきましたお問い合わせ内容は、Q&Aページに公開させていただくことがあります。(個人情報は消去したうえで公開いたしますのでご安心ください。)

★必須項目

お名前★:

メールアドレス★:

商品番号★:

商品名:

Aの値(かかと~親指先端までの長さ)★
右足:
mm
左足:
mm

かかと~人差し指先端までの長さ(※親指より人差し指の方が長い方のみご記入ください。 )
右足:
mm
左足:
mm

備考:
※普段お履きの靴のタイプとサイズをご連絡いただけますと、より正確にサイズを予想することができます。
例)ナイキのスニーカーで26.0cm、リーガルで25.5cm など