スエード専用クリーナーで汚れを落とす方法(靴磨き・シューケア・レザーメンテナンス)

スエード専用クリーナーで汚れを落とす方法

靴の手入れ(シューケア)用品の準備

スエード革(スウェード)にシャンプーして、ブラシやラバークリーナーを使った日頃のお手入れでは落ちない、頑固な汚れを落とします。

1、スエードクリーナー
2、靴ブラシ
3、歯ブラシ
4、スエードブラシ
5、一度水に濡らして、固く絞ったきれいな布

以上5点を用意します。

お手入れ方法(手順)

1、スエードクリーナーを吹きかける

スエードクリーナーを吹きかける
スエードクリーナーを汚れている箇所へ、15cmほど距離をあけてスプレーします。白い泡が噴射されます。 (皮革の種類によっては、しみになる場合がありますので、目立たない箇所で試してから使います。)

2、布で拭き取る

布で拭き取る
湿らしてある布で、擦るように拭き取っていくと、汚れが落ちておきます。

3、汚れがひどい箇所は小ブラシで擦る

汚れがひどい箇所は小ブラシで擦る
特に汚れがひどい箇所は、歯ブラシのような小ブラシで擦ってから布で拭き取ります。

4、ブラッシング

ブラッシング
汚れを落とし終わったら、ブラッシングして毛を起こします。

5、陰干し

陰干し
このまま、半日~1日陰干しして乾燥させます。

6、スエードブラシでブラッシング

スエードブラシでブラッシング
よく乾いたら、スエード用ブラシで毛を起しながら毛並みを整えます。ほとんど力をかけずにブラッシングします。

7、仕上げブラッシング

仕上げブラッシング
最後に、靴ブラシで毛並みを整えて完了です。ここでもほとんど力をかけずに、軽くブラッシングする程度です。

8、防水スプレー

防水スプレーを吹きかける
スエードは汚れが付着しやすいので、仕上げに防水スプレーをかけておきます。しみにならないよう、靴から30センチ程度の距離をあけてスプレーします。少ない量を一気に靴全体にスプレーするのがコツです。


※ご注意
皮革の種類や仕上げ等によってお手入れ方法も異なりますので、目立たないところで一度お試しになってから行ってください。あくまで自己責任でお願いいたします。

(文・写真/靴のパラダイス