質問集Q&A(靴修理)

靴修理についての質問集Q&A(新着順)

質問日:2018/10/29
内容:ローク(Loake)のドクターマーチンのようなソールの靴で、ソールの上部が横に切れて、ウェルトとソールが剥がれた感じになっている状態ですが、このまま履いても大丈夫でしょうか?修理はできますでしょうか?

回答(修理担当):
申し訳ございませんが、当店は今のところソール交換修理のみしか受け付けておりません。
そのままお履きになりますと、切り口がどんどん広がっていくかとも思われますので、早めに再接着などの修理をされた方がよろしいかと思います。
ただ接着し直しできるか否かは、ソール素材にもよりますので、
靴を持ち込みで相談できる一般靴修理屋さんにご相談いただくと良いと思います。

全国の靴修理店検索
https://shoepara.jp/repair/

ソール交換は可能だと思いますが、同じようなソールがご用意できませんので、まったく違うソールとなってしまいます。
ビブラムソールなどで修理することになりますので、ご希望のソールをご指定いただけます。

———-

質問日:2018/09/18
内容:クラークスワラビーのクレープソール交換時に、ミッドソールを交換することで足の沈み込みがいくらか発生しますか?元の靴はナローウィズで足幅よりやや狭いため履き心地が改善すればと考えています。

回答(修理担当):
大変申し訳ございませんが、ソール交換によって幅を広げることは難しいです。
ソール交換時には、ミッドソール(クレープ)も交換しますが、構造は元と変わらないので、沈み込みはさほど変化しないと思われます。
ご参考までに、クラークスワラビーはマッケイ製法という縫い底で作られています。
修理内容としては、クレープソール素材(天然ゴム)を使って、ミッドソールとアウトソールを元のソール形状に近い形へ加工しておき、ミッドソール(クレープ)をマッケイ縫いし、アウトソールを貼り合わせます。
構造上、できる限り元と同じ場所にソールを取り付けることになるので、修理前とは足入れ感はほぼ変化しないと思われます。
また、もし取り付けるソールを幅広にできたとしても、ワラビーのアッパー(甲革)は袋状になっているため、足囲(外周)には変化が生じず、幅が広がる分甲が低くなってしまいます。

———-

質問日:2017/12/20
内容:ジョージコックスの厚底ラバーソールをレザーソールに変更する事は可能でしょうか。

回答(修理担当):
可能だと思います。
ただ元の厚みは再現できないと思います。
もし厚みをつけたい場合は、レザーミッドソール(3ミリ)を2枚くらい重ねたうえで、本底(4ミリ)を取り付け、ウェルト部分を除いたトータル厚で10ミリ程度が限界かと思われます。

———-

質問:2017/12/13
トリッカーズの短靴バートンのDiniteソールをダブルレザーソールに張り替える際の納期と見積もりはいくらくらいになりますか。

回答(修理担当):
レザーソール+革積み上げヒール+半革リフト
写真のような仕様(レザーソール+革積み上げヒール+半革リフト)での修理料金(※)は、両足で14000円(税込)+レザーミッドソール1枚1080円(税込)=15080円(税込)になると思います。納期は通常3~4週間いただいております。(材料の調達などで若干遅延する場合がございます)

※修理料金、送料は2017年12月現在

———-

質問:2017/12/08
アメリカのHELMBOOTSというブーツですが、靴底の修理を依頼した場合修理は可能でしょうか。修理可能な場合、修理代金もお教えいただけますと幸いです。

回答(修理担当):
レッドウィングやチペワのようにグッドイヤーウェルト製法で作られた靴でしたら、修理は可能だと思います。(純正ソールではなく類似ソールとなります。)
製法によっては修理できない場合や製法を変えての修理になる場合がございますし、デザインによっては再現ができない場合もございますので、ご依頼前に靴の写真をメールに添付いただけますと助かります。
修理料金(※)は両足で14000円(税込)~15000円(税込)くらいになるかと思います。(出来上がり後の返送時の送料540円が別途かかります。)

※修理料金、送料は2017年12月現在

———-