作者(画家)&靴職人紹介[クリエイター/アーティスト]

作者(絵画/デザイン)紹介

大嶋 信之(Nobuyuki Oshima)/靴のパラダイス 代表
海や空、植物などの自然や、日常生活を通じて得られる感性を、靴で表現できればと絵画を描いています。私は、父、伯父、祖父が靴屋という環境で生まれ育ちました。祖父は手製で注文靴(誂え靴)を受注・製作する靴職人でした。伯父も靴の修理ができる職人です。私は、靴とは歩行するための足の保護・補助具でありながら、ファッションであり、またアート(芸術)作品でもあると考えています。歩行しやすく足にやさしい靴であることはもちろん、良い素材の選定、スタイルの良さも追求しなくてはいけない。そのような要素を追求しつくられた靴は、無駄なく美しく、芸術作品そのものだと思うのです。
現在は、自社オリジナルシューズブランド「PARASHOE(パラシュー)」の企画を行っています。

PARASHOE(パラシュー)の靴、黒の内羽根ストレートチップ(キャップトゥ)1足と、コンビウィングチップ2足
※PARASHOE(パラシュー)の靴

靴職人紹介

横山 直人(Naoto Yokoyama)
REGAL TOKYO(リーガル トーキョー/東京・銀座)のビスポーク部門主宰。のち、銀座にビスポークシューズ工房「Saion(サイオン)」を構える。現在は工房は閉店し、大手靴小売店で紳士靴の販売の傍ら自身の活動を行う。

Saion(サイオン)横山直人の2アイレットプレーントゥ Saion(サイオン)横山直人の2アイレットチャッカーブーツ Saion(サイオン)横山直人のウィングチップドレスシューズ
Saion(サイオン)横山直人ハンドメイドドレスシューズのレザーソール Saion(サイオン)横山直人ハンドメイドドレスシューズのレザーソール Saion(サイオン)横山直人ハンドメイドドレスシューズのレザーソール
※Saion(サイオン)のサンプルシューズ

著作権、リンクについて

著作権、引用・転載について

ページ内の画像・イラスト・文章を含むすべてのコンテンツの著作権は、靴のパラダイス(https://www.parashoe.co.jp/)に帰属します。
コンテンツの引用、転載は原則フリーですが、必ず引用部・転載部分に本サイト「靴のパラダイス(https://www.parashoe.co.jp/)」のものであることを明記し、引用または転載元ページのリンクを設置するか、URLを明記してください。

リンクについて

トップページはもちろん、どのページへもご自由にリンクしていただいて構いません。
(但し、法律違反、法的問題サイト、アダルトサイト等の一般的問題サイトは除きます。)