革靴の靴紐の通し方(結び方)の種類と特徴

ドレスシューズ(革靴・ビジネスシューズ・紳士靴)の靴紐(シューレース)の通し方(結び方)の種類と特徴を説明いたします。

シングル、パラレル、オーバーラップ/革靴の靴紐の通し方(結び方)の種類

革靴の靴紐の結び方(通し方)には主に、シングルパラレルオーバーラップと呼ばれる3つの方法があります。
それぞれに特徴がありますので、靴や用途によって使い分けると良いと思います。

シングル
パラレル
オーバーラップ


シングル

シングルで通して結んだ靴紐

まず、オーソドックスな「シングル」と呼ばれる通し(結び)方のご紹介です。
紐が表にきれいに平行に並ぶ、一般的(スタンダード)な通し方です。

シングルでの靴紐の通し(結び)方 手順1

最初に、図のように紐を通します。
一番下の紐穴二つを羽根の裏から表に通して、片方の紐を上にもってきます。

シングルでの靴紐の通し(結び)方 手順2

もう片方の紐を、羽根の裏から表へ図のイエロー線のように通していきます。
上に持っていった紐(ピンク)の上に通していきます。

シングルでの靴紐の通し(結び)方 手順3

最後にもう片方の紐(ピンク線)を、一番上の紐穴に裏から通します。

シングルの通した靴紐 完成した見た目

こんな感じです。
紐をゆるめるときも、閉めるときも、片方の紐だけ調節すれば済みますので、便利な結び方です。
一番オーソドックスと言ってよいくらい、多く見られる通し方です。


パラレル

パラレルで通して結んだ靴紐

次に、「パラレル」という通し(結び)方です。
見た目はシングルと同じように見えますが、裏から1つ飛びで交互に穴に通してあり、ゆるみにくいことが特徴です。

パラレルでの靴紐の通し(結び)方 手順1

最初に、シングル同様に一番下の穴に、羽根の表に紐が出るように通します。
片方の紐は1つ上の穴へ、もう片方の紐は2つ上の穴へ裏から通します。

パラレルでの靴紐の通し(結び)方 手順2

それぞれ1つ飛びで(2つ上の)穴に通します。

パラレルで通した靴紐 完成した見た目

わかりにくいですが、こんな感じです。
ゆるめるときや締め付けるつけるときは、両方の紐を交互に調節する必要がありやや面倒ですが、一度締めたら非常に緩みにくく、また両羽根のバランスも均等に取れ、足にフィットしやすく、見た目も美しい通し方です。
個人的には、高級紳士靴に多く見られるような気がします。


オーバーラップ

オーバーラップで通して結んだ靴紐

最後に、「オーバーラップ」という通し(結び)方です。
交互に斜めに編み上げる、見た目が特徴的な通し方です。

オーバーラップでの靴紐の通し(結び)方 手順1

最初に、シングルやパラレル同様、一番下の穴に、羽根の表に紐が出るように通します。
次に、両方の紐を、1つ上の穴へ表から裏へ通します。

オーバーラップでの靴紐の通し(結び)方 手順2

同じように上まで通していきます。
一番上だけ、紐を結ぶために、羽根の裏から通します。
ここで注意したい点が、必ず一つ一つ左右順番に通すことです。
そうすることで、交差する紐に均一性がでて、きれいな見た目となります。
図のように、ピンク線とイエロー線が交互に上にきていることがおわかりいただけると思います。

オーバーラップで通した靴紐 完成の見た目

わかりにくいですが、こんな感じです。
左右一つ一つ順に通すことで、紐の順番に均一性を持たせます。
写真は、向かって右側へ通した後、左側へ順番に通して、左側の紐が常に上に来るように通しています。

オーバーラップは、ゆるめるときも締め付けるときも、左右の紐を順に調整します。パラレルほど面倒ではない感覚です。個人的には、オーバーラップは見た目は好きですが若干カジュアルな印象を持っていて、ウィングチップやUチップといったややカジュアルなドレスシューズとの相性がとても良い通し方だと思っています。
スニーカーやランニングシューズ、カジュアルシューズなどに多く見られます。

(文・写真/靴のパラダイス)
※写真の靴:PARASHOE 本革 ウィングチップ ビジネスカジュアルシューズ 厚底白ソール