内羽根式ドレスシューズ(革靴・ビジネスシューズ・紳士靴)の羽根の開き(閉まり幅)具合

内羽根ストレートチップなどの内羽根式紳士靴(革靴・ビジネスシューズ)の羽根のちょうどよい開き(閉まり)具合(幅)を解説いたします。

内羽根ストレートチップの羽根の開き(閉まり幅)具合

内羽根式のドレスシューズを履いた時、どのくらい羽根が閉まった状態がちょうど良いのでしょうか?

内羽根ストレートチップの羽根部分

足の踵をしっかり靴のかかとに付けて、紐を絞ります。(正しい革靴の紐の締め方

内羽根ストレートチップの羽根の開き具合

一般的には、閉まりきらずに1.5cm程度開いた状態が、サイズ的にも体裁的にもちょうど良いとされています。
写真の内羽根ストレートチップの場合2.0cm、上の方だと2.5cmくらい開いていますが、履き慣れてくると甲革が馴染み、サイズに余裕が出てきて閉じてくる傾向がありますので、新品時でこのくらいの開きは許容範囲です。
また、製法がグッドイヤーウェルト式ハンドソーンウェルト式のドレスシューズの場合には、履き込むうちクッション材の入った中底がフットベットのように沈み込んでくるため、足の甲の位置が低くなり、羽根はより多く閉まってきます。
新品時に羽根が全部閉じてしまっている場合は、靴が馴染んできた後、中敷きなどでサイズを調整する必要がでてきます。

内羽根ストレートチップの紐を結んだところ

足にフィットさせて紐を結んだ状態。
履き慣れてくると、羽根は少しずつ閉じてきますので、新品時ではこれくらい開きがあっても問題ありません。
外羽根式の時も同様で、閉まりきらずに、少し開いているくらいがちょうど良いです。

内羽根ストレートチップの羽根の開き方(両足)

足がむくんできたりしたら、紐をゆるめたり調整します。
甲でしっかり足を押さえ踵を固定することができるのも、内羽根式の魅力のひとつです。
靴に足がしっかりフィットし、歩行しやすく疲れにくくなります。

(文・写真/靴のパラダイス)
※写真の靴:PARASHOE ハンドメイド 本革 内羽根ストレートチップ ビジネスシューズ 黒